今が熱い!スリランカの魅力と訪れるべき16の理由。

スリランカは「世界遺産」「美味しいカレー」が有名ですけれども、スリランカには「紅茶」「サファリ」「自然」などまだ旅行先として知られてない多くの魅力があります。今回はスリランカの魅力16選をご紹介します!

1) 安さにびっくり

スリランカは何でも安い!だから少しのお金でも、贅沢な旅行ができます。スリランカ行きの飛行機チケットは、往復で約5万円です。そして、なんと3000~5000円で4~5つ星ホテルに泊まることができるんです! スリランカの物価は日本に比べて安いです。手頃な料金で本格的なスリランカのグルメやスイーツを食べられるのが嬉しいですね。食事などの滞在費を抑えられるので、長く旅行できるのも人気の理由の一つです。またバスや電車などの交通機関も充実しており料金も安く観光に便利な点もよいです。

2) 一年中夏のスリランカ

気温は基本的に一年中あまり変化がなく暑いですが、大きく雨季と乾季に分かれています。アヌラダプーラのある北部地域は、10月~12月頃が雨季となりかなりの大雨が降ります。また4月、5月頃も雨が比較的多いです。アヌラダプーラを訪れるなら、雨の少ない1月~3月と6月~8月がベストシーズンですね。

3) 安いビザ申請手数料

観光ビザ(Tourist ETA)は値段が安く、しかも簡単にアライバルビザあるいはオンラインでのビザの申請ができます。申請手数料は35~40ドルです。

4) 温かく親切な人々

スリランカの観光地などで通りすがりの現地の人々と目が合うと、にっこりと微笑んでくれたり、「ハロー」と挨拶をしてくれたりします。きっとその親切さに心を打たれるはずです。

5)手つかずの美しい自然

手つかずの美しい自然が残されているスリランカ、そこには自然と人々がありのままに共存しています。海に行くと浜辺には白い砂のビーチが広がっており、透明な水に気持ちもさわやかになれます。山には緑が生い茂っており、マイナスイオンにあふれています。ぜひ一度この大自然に触れてみてください。

6) 8つの世界遺産

スリランカの魅力を語るうえで欠かせないのが、「世界遺産」。スリランカには世界遺産が全部で8個あります。広大な大地に、大きな岩と宮殿がそびえ立つ「シーギリヤロック」や、仏の歯が納められている「仏歯寺」などの有名な文化遺産だけではありません。シンハラジャ森林保護区や中央高地などといった、自然遺産もあります。オススメは「ゴール・フォート」です。この世界遺産の特徴はオランダ統治時代に作られたヨーロッパ風の古い街並みで、カトリックやプロテスタントの教会も残っています。

仏歯寺

仏歯寺

シーギリヤロック

ゴール・フォート

ゴール・フォート

7) 気になるスリランカ料理

スリランカ料理は日本人にあうとおもいます。カレーなど日本になじみのものから、伝統的な欧米のさまざまな料理が残っており、外国人にも非常に食べやすくなっています。

8) インスタ映え

写真を撮るのが好きな方にスリランカを勧めます。スリランカにはフォトジェニックスポットがたっぷりあります。日本では高級紅茶ブランドとして有名な、ディルマのカフェ「t-Lounge」や、有名な世界遺産「シーギリヤロック」など、スリランカには魅惑のフォトジェニックスポットが多く眠っています。

9) 本場の紅茶と絶景茶畑

なんといってもスリランカと言えば「紅茶」ですよね。スリランカにはたくさんの紅茶畑が。いたるところに紅茶工場もあり、紅茶工場を訪れるツアーは非常に人気となっています。茶摘み体験だったり、紅茶のテイスティングだったり楽しめる要素がたくさんあるツアーになっています。ディルマと呼ばれる紅茶のブランドは世界的にも有名で高い評価を得ており、厳格な品質管理がされた極上の一品です。

10) サファリ

スリランカでは国土のおよそ10%が国立公園に指定されており、多種多様の野生動物が生息しています。サファリツアーに参加すれば、野生の象や水牛、野鳥などを観ることができ、また、世界遺産「シンハラージャ森林保護区」ではスリランカ固有の植物を500種ほど見られます。

11) アクティビティがいっぱい

トレッキングや登山はもちろん、スリランカにはゾウに乗ることもできます。また、ビーチ・世界遺産・アウトドア・ホエールウォッチング・スパまでアクティビティが充実しています。

12) スリランカの祭り

様々な宗教が共存するスリランカでは一年中といってもいいほどお祭りが行われています。中でもスリランカの代表的な祭りといわれているのが7-8月ごろに行われるペラヘラ祭りです。アジア最大規模の祭とも言われるこの祭典では、煌びやかに飾られた象や民族衣装と楽器を纏った踊り子・楽団が、隊列を成して町を練り歩きます。その迫力はぜひ現地に行って自分の目で確かめてみてください。

13) 英語で通じられる

スリランカ人はだいたい英語が通じます。 スリランカは中心地・観光地であれば英語が話せる人が大半であるため、基本的に旅行へ行く分には困ることはないと考えて良いでしょう。 英語の通じないトゥクトゥクドライバーであっても、マップを見せれば分かってくれる人が大半なので、さほど神経質に考えることもないと言えます。

14) 色々な交通手段

国内と市内の交通手段はいくつかあります。車やバスが主流ですが、その他にも鉄道や、珍しいものではエアタクシー(水上飛行機)も存在します。 宿泊数や時間が限られている方、また国内各地に点在する遺跡や世界遺産を巡りたい方々にはツーリストカーが一番簡単で便利な移動手段です。

15) ゆったり旅行

ゆったりとした時間の流れのスリランカ。自然を十分に生かしたシンプルな生活スタイルが残っており、 スリランカにいると、時間に追われがちな日本の生活がウソのようにゆったり気分で過ごせます。

16) サーフィン

インドの陰に隠れがちですが、スリランカはサーファー天国です。スリランカには年中、波があります。波がめちゃくちゃ良い。そして、種類が豊富で多くのサーファーを受け入れることができる。 オススメサーフトリップ先はゴールにある「ウナワトゥナ」です。ウナワトゥナはアマリ・ゴールから車で約10分かかります。

Share
Loading Facebook Comments ...

Leave a Reply